トップページ > 新しいワクチンの案内(2010年3月)

新しいワクチンの案内(小児用肺炎球菌ワクチンと子宮頸がんワクチン)

1)肺炎球菌ワクチン

3月から小児用肺炎球菌ワクチン(商品名プレベナー)の接種を開始します。
肺炎球菌に関しての情報は以下のHPをご覧ください。

http://www.prevenar.jp/qa/index.html#qa_1

なお接種は自費で1回が1万円の予定です。
年齢により接種回数や接種の間隔などに注意が必要です。
メーカーの説明で理解しにくいことは当院受診時にお話しいたします。

 

2)子宮頸がんワクチン

3月から子宮頸がんワクチン(商品名サーバリックス)の接種を開始します。
子宮頸がんワクチンに関しては以下のHPをご覧ください。
http://allwomen.jp/

接種対象年齢は10歳~30代くらいまで。
年齢は若いほど効果がよく、10代での接種がベスト、20代はベター、30代はグッド。

3回接種で2回目は1カ月後、3回目は半年後です。
自費で費用は1回が1万5千円になります。

子宮体部がんはホルモンの影響のもとで、がんになりますが、頸部のがんはウイルス
の感染が原因となります。20代や30代という若い年齢層の命を奪うために早期に
接種することが望まれます。

トップページ医院案内案内図(地図)診療案内予防接種のスケジュールB型肝炎ワクチン接種で肝炎と肝癌を予防水痘(みずぼうそう)と帯状疱疹狂犬病とワクチン風疹についてポリオとポリオワクチンポリオの排除もう一歩「子宮頚がん」と「HPVワクチン」の話おたふくかぜとワクチンの話院長紹介医療お役立ちリンク集「新型インフルエンザ」一口メモ