トップページ > ヒブ・小児用肺炎球菌・HPV(子宮頸がん)ワクチン

ヒブ・小児用肺炎球菌・HPV(子宮頸がん)ワクチンも定期接種に

平成25年4月から定期接種になりました。
出雲市の予防接種ホームページを参照 


数字 肺炎球菌ワクチン

   対象年齢満2ヶ月~4歳
  
    標準的な接種方法:生後2ヶ月から6ヶ月児
  1回目接種→(27日以上あけて)2回目接種→(27日以上あけて)3回目接種→
    (60日以上あけ)1歳になってから4回目接種
  
    標準的なスケジュールで接種ができなかった場合
  ①生後7カ月~11ヶ月児
   1回目接種→(27日以上あけて)2回目接種→(60日以上あけ)1歳になってから4回目接種
  ②1歳児
   1回目接種→(60日以上あけて)2回目接種
  ③2~4歳児
   1回接種
  *5~9歳までは自費では接種してもよい

    
数字 ヒブワクチン
  
    対象年齢満2ヶ月~4歳

  標準的な接種方法
    ① 生後2ヶ月から6ヶ月児
   1回目接種→(27日以上あけて)2回目接種→(27日以上あけて)3回目接種→
      7か月以上あけて4回目接種
  
  
    ②生後7カ月~11ヶ月児
   1回目接種→(27日以上あけて)2回目接種→(1年以上あけ)1歳になってから3回目接種
   ③1~4歳児1回接種

数字 HPVワクチン(子宮頸がん予防のワクチン)

  対象年齢中学1年~高校1年までの女子
 
  標準的な接種方法 : サーバリックスかガーダシルのいずれかを接種する

  サーバリックス : 1回接種後1カ月後に2回目接種、1回目から半年後に3回目接種
  ガーダシル : 1回接種後2カ月後に2回目接種、1回目から半年後に3回目接種

トップページ医院案内案内図(地図)診療案内予防接種のスケジュールB型肝炎ワクチン接種で肝炎と肝癌を予防水痘(みずぼうそう)と帯状疱疹狂犬病とワクチン風疹についてポリオとポリオワクチン院長紹介医療お役立ちリンク集「新型インフルエンザ」一口メモ